FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リターンキーを押した時の振る舞いを決める

リターンキーを押した時の振る舞いを決めるには

- (void)textFieldShouldReturn:(UITextField *)textFiled

を使用する。

使用するには、当該 UITextField のデリゲートとなっているクラス内で
コードを記述する必要があります。


例えば、リターンキーを UIReturnKeyDone にした場合、

IBOutlet UITextField *textField;

- (void)textFieldShouldReturn:(UITextField *)tf {
if( [textField canResignFirstResponder] ) [textField resignFirstResponder];
}

としてやると、テキストフィールドからフォーカスが外れ、キーボードが隠れる。

ちなみに canResignFirstResponder は、フォーカスを外しても問題ないか確認する
メソッドで、BOOL 値を返す。
resignFirstResponder は、フォーカスを外す。


リターンキーを UIReturnKeyNext とし、次のフィールドにフォーカスを動かしたい場合は、

IBOutlet UITextField *textField;

- (void)textFieldShouldReturn:(UITextField *)tf {
if (textField == currentTextField) [nextTextField becomeFirstResponder];
}

これで次のフィールドにフォーカスが移る。

theme : プログラミング
genre : コンピュータ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

碧『あお』

Author:碧『あお』
Cocoa , Objective-C , iPhone SDK
どれにあたるか分かりませんが、iPhoneのプログラミングをしている過程で気づいたことをメモしていきます。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
ご紹介
アフィリエイト・SEO対策

FC2動画

私書箱/私設私書箱

eropeg
RSSリンクの表示
リンク
ご紹介
 

 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ご紹介






















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。